Episteme

思考の落書き帳ですので、悪しからず。。東京で頑張る人を支援する仕事してます。いわゆるVCです。

個人間決済はどのようになっていくのか

Paymo がローンチして以来、日本では個人間決済が流行りを見せつつあるが、実際問題このままこの文化は浸透していくのであろうか・・

 

まず海外の事例を見てみると、Venmo がよく成功事例として挙げられる。

ペイパル傘下のサービスであり、手数料が無料で個人間決済ができることをウリとして浸透している。

そもそもの動線のペイパルからのというのも非常に強い。

またこの成功事例の裏側には、クレジットカード利用の浸透率など市場環境が非常に異なっていることは多大にある。

 

では、日本でこういった個人間決済は流行り文化になっていくのだろうか。。

 

ロングランでみるとイエスだとは思う。キャッシュレスの方が、安全であるし、手間がいらいない。

ただショートでみると、難しいのではないかと思っている。やはり現金に対する信頼は未だ根強いと感じるし、では割り勘などに非常に大きなペインをいま感じているかというとそこまで必要ではないというのが現状である気がする。

 

コイニーやsquareなどが日本で苦戦しているように、思った以上にこれは競合との戦いというよりは文化との戦いのイメージが強い。

 

では個人間決済のよりペインが深いところはどこなのか

1つは海外送金であるけども、日本で住んでいる限りそこまでニーズが生まれない。

 

他にニーズとしては個人間決済に何があるだろうか

個人間決済が必要となるケースをざっくり書き出してみた。つまり、個人が他社の金額まで払うケース。

 

飲み会

イベントチケット系

食事代

旅行費用

などだろうか・・

 

ここで金額が大きく回収できないことがペインが大きいのは、旅行費用やチケット費用でないだろうかと思う。

 

もしかすると今後は旅行代理店やチケット業者に対してセールスを行い、購入者に対してアプリダウンロードの動線設計などが必要となってくるかもしれない。。

 

こうつらつらと書いてきたけれども、来るべき未来を近づけるのは起業家というものなので、この個人間決済がどのようになるのかは今後も注目していきたい。

 

 

個人的には本命のラインが力をいれてこないのは何故か気になる。

リソースなのか、コミュニケーションにあくまで特化していく意向なのか・・